情報

男性器の大小を風俗嬢はあまり気にしていません

投稿日:

男性器の大小を風俗嬢はあまり気にしていません

自分のものが大きい小さいは、男性にとって大きな関心ごとの一つです。往々にしてデカイ人のほうが自慢に重い、小さい人はコンプレックスを抱くといったモノのようです。

しかし風俗嬢はどちらを歓迎しているのでしょう。男性の中には「風俗嬢って趣味と実益がマッチしていていいね」と馬鹿なことを言い出すデリカシーのない人もいますが、風俗嬢の多くは「お金のため」。

そして風俗嬢にとってお客さんはお客さんであり、それ以上でもそれ以下でもありません。お客さんが気持ちよく遊べるように、対価の範囲で精一杯接遇しているだけの話です。

ましてや自分の性欲のためではないのですから、大きいだの小さいだのは、あまり関係ないでしょう。かえって小さい人のコンプレックスを感じ取って、サービスが細やかになることがあるかもしれません。

「全然気にならない」という風を装ってくれるでしょう。「コンプレックスがって風俗が利用できない」なんて男性は、勇気を持って風俗にいってみましょう。

あなたを傷つけるようなことは、店で働いている女性はしないはずです。かえって「デカイ」ということを自慢気にしている人のほうが、不人気だと考えられます。

普通の生活の中でも、自分自慢の激しく傲慢な男性は、女性に不人気ですよね。本人はそれに気がついていない事が多いですが、気がつかないのであればそれだけ感受性が乏しいのです。

ちょっと欠落していますね。また大きな弾性は、性的なサービスに対しても鈍感な傾向にありますので、サービス時間が長く過酷になってしまいがち。

40分のサービス時間であれば、40分間サービスし続けるということではありません。準備もあれば後始末も入った時間です。それを目一杯使って遊べるつもりになっていると大間違い。

中にはそういう男性もいるでしょうが、嫌われますよね。デカイ人はただでさえサービスがきつくなるのですから、遅漏気味であれば更に「嫌な客」ということになります。

それに対して「済まない」「申し訳ないね」という気持ちがあれば、それを嬢も受け止めてくれると思いますが、あまりに傲慢な態度に終始していると、嫌われても仕方ないということになるのです。

嬢も人間です。感じのいいお客さんには熱心に、感じが悪い人には最低限のサービスということになっても、責められるものではありません。

規定のサービスを行えば、本来はそれだけで充分なのですから。「品物を買う」というものではなのですから、お互いが気分良くその時間を過ごせるように、努めたいものです。

-情報

Copyright© 今の風俗の魅力のまとめ【2020年度版】 , 2020 All Rights Reserved.