情報

今のピンサロ風俗事情を調査してきました

投稿日:

今のピンサロ風俗事情を調査してきました

ピンサロはピンクサロンの略称です。「抜きサービス」のある店ですが、性風俗特殊営業ではありません。あくまでも風俗営業法の中の「飲食店」である2号営業に区分されています。

そのためシャワーなどは完備されていません。個室での接客は行わず、ソファーと間仕切り程度で接客スペースを確保しています。

キャバレーなどと同じ作りになっています。店内は暗く、大音響で曲が流れ、個室ではないことのデメリットを最大限軽減させる工夫は成されています。

しかし衛生面を確保することは難しく、お客さんの局部をおしぼりで拭いたりする程度で。プレイを行います。内容はフェラチオでの抜きです。

店内が暗いことから、そこで働く風俗嬢の容姿スペックはあまり問われません。年齢に関しても寛容ですので、50代の女性が働いているなんてことも、少なくありません。

通常の性風俗店だと年齢が高くなれば、稼げなくなります。しかしピンサロの場合にはそれが客に分かりにくく、テクニックがあれば満足してもらえることから、高年齢でも人気店ではそれなりに稼げるものです。

また他の2号営業のようにコミニュケーション能力もそこまで必要ありません。ルックスもコミニュケーション能力もあるに越したことはないのですが、それが必ずしも不可欠ということでもないのです。

ピンサロのフェラチオに関するサービスは大変濃厚で、生フェラはもちろん、口内発射、ごっくんのサービスの後に、口でキレイに吸い上げるなどを基本サービスにしている店舗も珍しくありません。

しかもキレイに洗ったペニスを口に入れているわけではありませんので、風俗嬢にしてみれば大変過酷なものと言えましょう。

若い女性であれば、このサービスの徹底ぶりについていけない可能性は高く、そのため高年齢やスペックが低くなってしまうのは致し方ないことです。

「若くてきれいな女性であれば、もっと清潔で稼げるお店があるでしょ」という話になってしまうのです。ただし性風俗店ではないことから、そこで働く女性に対する身元の確認は緩やかです。

そのため「訳あり」の女性でも雇われやすいというメリットがあります。寮完備のお店も多く、事情があって逃げてきた女性などが駆け込み易い業種です。

会社規模がそこそこ大きく、女性を雇い入れる経験が長いことから、家バレ対策などが万全な傾向に盛ります。そういったことから、他の業態でも勝負できそうな女性も働いているなんてこともあります。

-情報

Copyright© 今の風俗の魅力のまとめ【2020年度版】 , 2020 All Rights Reserved.