情報

風俗で遊び続けたいなら風俗についての知識も必要です

投稿日:

風俗で遊び続けたいなら風俗についての知識も必要です

風俗では、推奨されている遊び方を守ると案外性病にはかかりにくいものです。

スマタであってもオーラルセックスであっても、プレイの前からコンドームを使っていると、ほとんど性病にかかることはありません。

しかし「生尺がいい」なんて人も多いのですから、それによって性病になってしまうことだってあります。

風俗嬢が定期的に性病検査をしていたとしても、潜伏期間というタイムラグが生じているのですから「必ず安全」とは言えないものです。

あくまでも「性病を蔓延させないように最大限の努力をしている。

それによって危険度は軽減している」というだけの話です。

風俗店は検査などによってかなり性病に対する意識は高いのですが、それでも感染してしまうことはあります。

特に淋病や性器クラジミア感染症が多いのではないでしょうか。

近頃では喉の喉頭クラジミアも増えています。

そしてこの淋病とクラジミアは同時感染する可能性も大変高いのです。

淋病缶女中20%から30%は性器クラジミア感染症に感染しています。

両方共に掛かっていれば、どちらにも治療を行わなければならないことになります。

喉頭感染をしているときには、性器の方ばかりに気を取られて、自覚症状が薄い喉頭の方の治療が疎かになっていることもありますので、どちらも診察してもらう必要があります。

淋病の感染率は30%ですから、決して高くはありません。

しかも粘膜から離れたときには数時間で感染力を失うとされています。

しかし菌がそこまで強くなくても幾度と無く感染する病気ですし、そのたびに抗生物質を使っていると、淋菌が耐性を持ってしまうこともあります。

それを防ぐためにも、一回感染したときには症状が無くなってもきちんと完治するまでは治療に専念するなどが必要です。

そして再度感染しないように、しっかりと予防を行うようにしましょう。

コンドームも100%ではありませんが、正しく使えばかなりの確率で感染を予防することが可能です。

「生尺」で感染するのは、風俗嬢の喉だけではなく、喉が淋病やクラジミアに感染していれば、そこから感染します。

またキスで喉頭に感染することもあるでしょう。

クンニをすれば、そこからもお互い感染する可能性があるわけです。

女性用の風俗店では、クンニをしないという店も結構あるほどです。

男性より女性のほうが、性病リスクへの警戒心は高いのでしょう。

生尺やクンニで感染しにくい性病にはHIVが挙げられますが、そのHIVもスマタでは可能性が高くなります。

-情報

Copyright© 今の風俗の魅力のまとめ【2020年度版】 , 2021 All Rights Reserved.